ホーム > サポステガイド > 千葉県 > ちば南東部地域若者サポートステーション

サポステガイド

施設基本情報

ちば南東部地域若者サポートステーション

ちばなんとうぶちいきわかものさぽーとすてーしょん

地域若者サポートステーション

所在地 千葉県 茂原市 道表1番地 茂原市役所9階
スタッフ人数 5人
支援形態
  • 施設利用
主な対象者 ご本人 ご家族

千葉県の中心部に南東部サポステは、設置されています。茂原市役所9階の眺めが良い施設。

対象者
対象年齢 15歳~39歳
対象エリア 千葉県
開所日・時間 平日9:00~17:00(土日祝日、年末年始は除く)
スタッフ資格 キャリアコンサルタント
産業カウンセラー
アクセス 茂原駅より徒歩20分
【バスの利用】茂原駅より、大多喜・長南方面のバスに乗車。
「西町」下車。徒歩3分
連絡先 電話:0475-23-5515
FAX:0475-23-5515
ホームページ http://chiba-nanto-saposute.jp/
当施設への初回ご連絡
電話、HPからの問い合わせフォームからお問い合わせください。

支援内容

◆ 就職に向けて実施する支援について
27年間若者就労に培ってきた中で一番大切なことは、①若者の社会に対する考え方をしっかり教育する環境。挨拶などは勿論様々な仕事についての理解など社会規範の醸成。②事業主側の考え方などを理解する職業人講話で職長等とのグループワーク実施。実際の仕事は各現場の職長が仕切っているため、会社の代表者が雇ってくれても職長が理解できていないと若者は勤まらない。若者気質や考え方、障害を持っている若者の見極めなど積極的に座学を取り入れ実施。③里山でのリフレッシュ教育:若者は多くのストレスを発散できないでいるのが多い。その解決策として、友懇塾が管理する「友懇の森」を利用したリフレッシュ教育を実施する。森で集めた材料で作るオブジェづくりは若者の心の中を開くのに大きな効果があるのは今までの経験の中で実証されている。④職場体験の実施:実際の現場で働くことの意味を含め職長教育の実際を経験することで意味合いを可視化できる形を作ることで理解しやすいようにする。こうしたことはできる限り保護者も一緒に参加することで家族間の融和も構築できる。

相談事業

  • 来所

    対象者 ご本人、ご家族
    内容 面談による個別相談

    そのほかにも【定着・ステップアップ事業】として、サポステ卒業後の状態把握のめの個別面談や、懇談会・ステップアップセミナーなども開催します。
    実施時間 平日13:00~17:00(土日祝日、年末年始は除く)
    料金 無料
    備考 予約制。
  • 訪問

  • 電話・メール

支援事業

  • 通所

    対象者 ご本人
    内容 ◇グループワーク
       ・コミュニケーション
       ・就活応援
       ・Newsでトリビア
       ・テーマトーク
       ・ピアワーク
       ・レディネステスト(職業適正検査)
    ◇職場体験
     職業人講話
    実施時間 平日9:00~17:00(土日祝日、年末年始は除く)
    料金 無料
    備考 予約制
  • 宿泊型

サテライト市原

  • 実施中

    対象者 ご本人、ご家族
    内容 地理的な問題で、ちば南東部サポステへの通所が難しい方のために、市原市のご協力のもと、市原市勤労会館にサポステのサテライトを開設し、個別相談を行っています。

    【場所】市原勤労会館 会議室1
    【住所】千葉県市原市更級5-1-18
    実施時間 毎月第2・第4水曜日 9:30~17:00
    【面談時間】10:00~10:45
          11:00~11:45
          13:00~13:45
          14:00~14:45
          15:00~15:45
          16:00~16:45  計6名
    料金 無料
    備考 お電話にて予約が必要です。
    ちば南東部地域若者サポートステーションまで、お問い合わせください。
    【0475-23-5515】